FC2ブログ

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

キャンディー

今は家にいる子たちのお母さん、お祖母さん、曾祖母にあたるキャンディー。
キャンディーが来たのはクッキーが寂しさからくるストレスになったことにある。クッキーは今まで甘えていた私の父が突然亡くなってしまい、その後は毎朝行っていた父の部屋に1歩たりとも入らなくなった。ご飯も食べなかったりおなかの調子が悪かったりした。それならとシェルティーを飼おうかと思ったが、母、姉の反対があり、こっそりヨーキーの女の子を探し回った。そんな時にシェルティーのブリーダーさんからショーにも出せる良い子がいるとの連絡が入った。私にとってはクッキーの良い仲間、そしてかわいい娘になってくれる子であればよかった。よそに見に行ってもピンとくる子がいなくて予約したりしていたのに、キャンディーにあって5秒でこの子に決めましたって言ったら、周りに人達がもう少し時間をかけてみたほうが良いと言われましたが、何分経とうがその気持ちに変わりはありませんでした。さっそく連れて帰ってきましたが、お友達がその日にシェルティーのお迎えがあり、一緒に行ってしまいました。一緒に行ったキャンディーはお友達が餌の説明をされていたのに、私も欲しい!と訴え、ちゃっかりご飯を頂いてしまいました。その後はシェルティーの子達とそこのお家の廊下をドタバタドタバタ4匹で走りまわっていました。
そんなこともあり、キャンディーにとってはそこのお家は実家のようなもので、そちらに伺うと我が物顔でお家の中やお庭をシェルティーと一緒に走り回っていました。お座り、お手、お預けも3日で覚えました。
Candy
そのキャンディーは6匹、6匹、7匹、4匹、6匹とお産をし、今では13歳7カ月です。

いつまでも、いつまでも元気でそばに居て欲しいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト



| 未分類 | 19:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |